スタッフブログ

スタッフブログ2019-05-28

きれいな虹を見ることが出来ました。

IMG_5317

 

虹は光が大気中に浮遊する水滴の中を通過する際に

屈折・反射することで様々な色が見られる現象です。

日本では広く7色と認識されており、色は赤・橙・黃・緑・青・藍・紫の順番で並んでいるとされています。

これは、万有引力の法則で有名なニュートンが発表した考え方です。

 

ところで虹は国によって見え方が違う??という説を聞いたことありますか?

 

 

タイトルなし

 

 

実は国ごとに色の数が大きく異なるのは、実際に見えている虹の色が違うからではありません。
例えば、虹を2色としているバイガ族は、明るい色(赤や黃など暖色系)を赤、

暗い色(青や紫など寒色系)を黒とザックリ分けているようです。

同じ色を見ていても、その色を表現する言葉があるのか、ないのかで虹の色数も変わってくるということらしいです。

「虹は何色か」と質問された時に、世界で解答の仕方が変わってくるという話もあります。
日本やアメリカ、フランスなどは「◯色」とはっきり答えます。

しかし、ロシアなどでは「色々」「しいて言うなら◯色じゃないかな」など虹の色が何色なのか固定しません。
つまり、“何色あるか”というよりは、“何色と見ようとするのか”ということが大きな違いにつながっているようです。